あらまし

ネットワーク機能仮想化(NFV)の最新動向

下西 英之 

Vol.98 No.3pp.225-231

発行日:2015/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
ネットワーク機能仮想化NFVSDNサービスチェーニング

本文:PDF(897.2KB)>>

記事を購入

あらまし:
本稿では,近年注目されているネットワーク機能仮想化(NFV:Network Functions Virtualization)について,ETSI NFV ISGで議論・定義されている内容を中心に紹介する.NFVとは,従来専用ハードウェアによって実現されていた様々なネットワーク機能(ファイヤウォール,NAT,EPCなど)を,汎用サーバ上のソフトウェアによって実現するものであり,迅速なサービス提供や,需要に応じた柔軟な資源割当てによる投資コスト・運用コスト削減などをも目指すものである.本稿では,まずNFVの登場背景や,そのコンセプト,メリットを紹介し,通信キャリヤを対象としたユースケースを概観する.そして,NFVを実現する技術要素や,ETSI(European Telecommunications Standards Institute)を中心に関連する標準化動向について紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355