あらまし

加速する超伝導単一光子検出器技術

三木 茂人 

Vol.98 No.3pp.232-237

発行日:2015/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
超伝導検出器単一光子検出器量子デバイス超伝導ナノワイヤ

本文:PDF(1.6MB)>>

記事を購入

あらまし:
最近,超伝導ナノワイヤ単一光子検出器(SSPD:Superconducting Nanowire Single Photon Detector)の発展が著しい.通信波長帯(λ~1,550nm)用SSPDは,現在,暗計数率100カウント/秒以下,システム検出効率80%以上,タイミングジッタ70ps以下を同時に実現している.可視から中赤外に及ぶ広帯域領域において高感度であることも実証されており,更なる高度化を目指した多ピクセルアレー技術の研究開発も精力的に進められている.本稿では,SSPDの最近の研究開発状況や展望について紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355