あらまし

「持つ」から「身に着ける」へと変わるモバイル端末

堀越 力 

Vol.98 No.5pp.425-430

発行日:2015/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 第5世代移動通信(5G)の最新動向

専門分野:

キーワード:
ウェアラブルデバイス位置情報ユーザインタフェースカメラセンサ

本文:PDF(766.5KB)>>

記事を購入

あらまし:
モバイル端末のウェアラブル化が進むと,端末側は入出力センサと通信機能のみというシンプルな構成で,データ蓄積・解析等は全てクラウド側で処理されるようになる.ウェアラブル端末に搭載されたセンサは個人の様々な情報をセンシングすることが可能であり,様々な分野で利用されようとしている.本稿では,現状のウェアラブルデバイスの技術を概観し,ウェアラブルなセンサの利用形態をグローバル,ローカル,パーソナルの三つの視点で整理する.そして,各視点におけるウェアラブル端末の利用形態を整理し,「5G」の時代における個人端末の進化の可能性を示す.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355