あらまし

ビッグデータの利活用によるロボットの音声コミュニケーション基盤構築

杉浦 孔明 

Vol.99 No.6pp.500-504

発行日:2016/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 ビッグデータ時代のロボットの社会的利用──ロボットは敵ではない,ロボットとともに能力向上──

専門分野:

キーワード:
クラウドロボティクス音声対話システム非モノローグ音声合成サービスロボット

本文:PDF(728.2KB)>>

記事を購入

あらまし:
スマートフォンをはじめとする種々のデバイスに音声インタフェースの機能が導入され,広く一般に認知されるようになってきた.今後,ネットワークに接続されるロボットやIoTデバイスが増加するに従い,それらの機器を対象としたクラウドサービスも増加すると考えられる.一方,ロボットの音声認識・合成機能の開発は依然高コストであり,この問題を解決するためにクラウドサービスを提供することの意義は大きいと考えられる.本稿では,我々が構築した音声コミュニケーション機能を対象としたクラウドロボティクス基盤rospeexを紹介し,長期実証実験の解析結果について報告する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355