あらまし

複合データ分析技術とNTF[]――複合データ分析技術とその発展――

幸島 匡宏 松林 達史 澤田 宏 

Vol.99 No.6pp.543-550

発行日:2016/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
複合データ分析非負値行列分解非負値テンソル分解

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
スマートフォンの普及やセンサデバイスの発達により,多岐にわたるデータの収集・蓄積が可能になった.そのため,これまでには考えられてこなかったデータの組合せを分析することで,新たな知見を発見できる可能性が高まっている.複合データ分析技術は,複数のデータを組み合わせて分析し,データ中に潜むパターン間の関係性を自動抽出することができる技術であり,近年のデータ分析の現場において広く利用されている.本稿では,画像,文書,音声など様々なデータ分析において有効性が示されている非負値行列因子分解(NMF:Non-negative Matrix Factorization)を基礎とし拡張させた,複合データ分析技術の近年の発展について解説する.NMFの基礎の説明から複合データ分析の発展的話題まで幅広く紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355