あらまし

多彩なサービスを支えるホームゲートウェイ技術

横谷 哲也 

Vol.99 No.7pp.671-677

発行日:2016/07/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 進化する光アクセス技術と将来展望

専門分野:

キーワード:
ホームゲートウェイホームネットワークブロードバンドアクセスネットワークIoTM2M

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
FTTH(Fiber to the Home)の普及により宅内で高品質なブロードバンドサービスを手軽に利用できるようになって約10年がたとうとしている.近年ではそれを利用した4K/8Kの超高精細映像の配信やIoT(Internet of Things)による膨大な数の微小データの転送が登場しサービスが多様化したと言える.このような状況下,これらのサービスを収容するホームゲートウェイにも新たな要求条件が加わる.本稿では,技術動向,国際標準化動向を勘案してホームゲートウェイに今後必要となる技術の方向性について論じる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355