Vol.102 No.1  (2019/01)    [一括閲覧はこちら]:PDF(28.7MB)
    Open Access
持続可能な開発のためのアジェンダへ向けた学会の方向性――社会との対話――
安藤 真 
あらまし | Free本文:PDF(282.1KB)

pp.1-1    Open Access
編集にあたって
糸田 純 
あらまし | Free本文:PDF(552.6KB)

pp.2-10  
未来社会の知的財産戦略ビジョン
住田 孝之 
あらまし | 本文:PDF(2.6MB)

pp.11-16  
第四次産業革命下における我が国の知的財産戦略――データとAI利活用社会に関する施策を中心に――
渡部 俊也 
あらまし | 本文:PDF(12MB)

pp.17-20  
研究者が特許を出した方がいい理由についての一考察
鮫島 正洋 
あらまし | 本文:PDF(795.4KB)

pp.21-25  
経営学から見た「知的財産ミックス」
杉光 一成 
あらまし | 本文:PDF(1MB)

pp.26-29  
無線通信の発展を支えた知的財産戦略及び標準化戦略の歩みと今後の課題
鶴原 稔也 
あらまし | 本文:PDF(2.2MB)

pp.30-33  
我が国の産学連携の現状と東京大学におけるイノベーション創出
山本 貴史 
あらまし | 本文:PDF(2MB)

pp.34-37  
iPS細胞技術の特許ライセンス
工藤 周三 
あらまし | 本文:PDF(1004.4KB)

pp.37-37  
平成31年2月号小特集予定目次
 
あらまし | 本文:PDF(295KB)

pp.38-40  
社会共生型特許活用
広瀬 勇一 
あらまし | 本文:PDF(1.7MB)

pp.40-40  
正誤
 
あらまし | 本文:PDF(231.4KB)

pp.41-41    Open Access
小特集編集にあたって
菅原 真司 
あらまし | Free本文:PDF(169.6KB)

pp.42-46  
触力覚通信の仕組み
石橋 豊 黄 平国 
あらまし | 本文:PDF(596.8KB)

pp.47-51  
触力覚インタフェース装置の分類と特徴
石橋 豊 三好 孝典 黄 平国 
あらまし | 本文:PDF(700.9KB)

pp.52-56  
触力覚の知覚特性
大西 仁 
あらまし | 本文:PDF(580.8KB)

pp.57-63  
触力覚通信における安定化制御
三好 孝典 
あらまし | 本文:PDF(1021KB)

pp.64-68  
触力覚通信におけるQoS制御
黄 平国 石橋 豊 
あらまし | 本文:PDF(377.5KB)

pp.69-73  
触力覚通信の応用事例
菅野 貴皓 
あらまし | 本文:PDF(804.3KB)

pp.74-78  
三次元積層論理回路によるシステムLSI設計技術
渡辺 重佳 
あらまし | 本文:PDF(618.8KB)

pp.79-82  
今更ながら“k”って何
大平 孝 
あらまし | 本文:PDF(758.1KB)

pp.83-84  
積層ビジョンチップを用いた高速小形プロジェクションマッピングデバイスを開発――1,000fps高速画像処理と高速追従投影が電池で動く――
[担当委員] 金子 雄 
あらまし | 本文:PDF(452.5KB)

pp.85-86  
室温で一つの分子に情報記録――強誘電性を示す分子の発見――
[担当委員] 菊間 一宏 
あらまし | 本文:PDF(645.3KB)

pp.87-87  
西澤潤一先生をしのんで
江刺 正喜 
あらまし | 本文:PDF(269.9KB)

pp.88-88    Open Access
編集室
 
あらまし | Free本文:PDF(225.9KB)

pp.89-106    Open Access
会告
 
あらまし | Free本文:PDF(543.1KB)

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355